記事

優れたセルフサービス実現のための4つのベストプラクティス

発行日: 2018年5月8日
最終更新日: 2018年5月8日

現代の顧客は、問題の解決方法を自力で探そうとする意志が強いだけでなく、検索にも長けているため、サポートチャネルに対する期待も変化してきています。これを受けて、優れたカスタマーセルフサービスのシステムを整備することが戦略的に重要だということが多くの企業でも認識されています。

しかし、セルフサービスシステム導入のメリットを、具体的な成功事例を挙げて証明するのは案外難しいものです。本ガイドをお読みいただくことで、CRMやCXのリーダー企業は、さまざまなチャネルにおけるセルフサービスの提供機会の拡大について理解が深まるでしょう。

カスタマーサービスの自動化とはすなわち、問題解決に必要なツールと情報を、顧客に確実に提供することです。Zendeskのセルフサービスサポートは、簡単かつ効率的で、カスタマーエクスペリエンス全般に付加価値を与え、顧客が自信を持って問題解決に臨めるようサポートします。

ガートナー社 「究極のカスタマーセルフサービスを実装するための4つのベストプラクティス」 Brian Manusama, Nadine LeBlanc (2018年11月27日)

※レポートの日本語要約版はこちらからダウンロードいただけます。