CXトランスフォーメーションの投資利益率

このフォスター社のレポートは、CXとIT分野のリーダーに、企業全体でCXトランスフォーメーションを行う利益、コスト、そして、投資利益率を計算するために必要なツールを提供します。

発行日: 2021年3月9日
更新日: 2021年3月9日

パンデミックによってデジタルツールの普及が加速する中、ビジネスとITを常に同期化することは至難の業です。意思決定を行う立場にある社員の2/3は、カスタマーエクスペリエンスに投資することは収益向上につながると述べていますが、ITリーダーはどのようにして重要事項を選択していけば良いのでしょうか。どのように限られた資金の中でツールやテクノロジーへの投資を決断しますか?フォスター社のレポート「CXトランスフォーメーションの投資利益率」では、カスタマー対応のコストを抑えながら収益を上げるための斬新なアイデアやベストプラクティスが紹介されています。レポートにはケーススタディが掲載されており、以下の方法が学べます。

  • 自社のCXがもたらす財政面での利益を数値化する
  • コストのロードマップを用いて必要経費を見積もる
  • 投資利益率モデルを作り、成果の指標となるメトリックを追跡する