データをフルに活用

Connectを既存のZendesk Supportアカウントに接続し、チケットが作成する前に問題を解決します。外部製品のデータやSupportのデータに基づいて、プロアクティブなメール、Webサイト、およびモバイルメッセージを自動化し、評価します。

評判の高い機能

  • ユーザーのセグメント化

    顧客の消費行動やSupport内の行動履歴に基づいてメッセージの相手を決定します。
  • リアルタイムで送信

    バッチジョブの完了を待つ必要はありません。API、Zendesk Support、およびパートナーのインテグレーションを使用して顧客とのやりとりを自動化できます。
  • メッセージを定期的に作成

    顧客がキャンペーンのトリガ条件に一致するたびに、メッセージを送信します。フリークエンシーキャップを設定してメッセージの送信回数を制限します。

親密な関係を構築

  • 変数をパーソナライズ

    ユーザーやイベントデータに基づいてメッセージを作成。情報の不足しているユーザーにはプレースホルダーコンテンツを含めます。
  • コンテンツを動的に提供

    メッセージを送信する際に、それぞれの顧客にふさわしいテキストと画像を提供。商品の推奨やメールダイジェストの作成に最適です。
  • 条件ロジック

    ユーザーに表示するコンテンツを動的に決定。IF、ELSE、ループロジックなどの条件により、相手の状況に基づいて表示されるメッセージコンテンツが変わります。

顧客の履歴を把握

  • 既存ユーザーを統合

    Zendesk Supportの顧客を、カスタム属性も含めてConnectに自動的に同期し、そのデータを使って顧客をグループ化します。
  • チケットの履歴管理

    Supportチケットの履歴(作成、更新、解決の日時)をConnectで管理。それらのデータを活用してメッセージの送信先や、タグによるメッセージのチケットへの影響を決定できます。
  • 顧客満足度(CSAT)の履歴管理

    顧客満足度の「満足」や「不満」といった評価をConnectが管理しているため、顧客1人ひとりの体験の質に基づいてコミュニケーションの度合いを制御できます。

検証に次ぐ検証

  • A/Bテスト

    ボタンをクリックするだけで、メッセージの複数のバージョンを切り替えてテスト可能。同じチャネルどうし、またはメールと電話とSMSのように任意のチャネルを組み合わせるなどして、テスト方法を選べます。
  • 有効なメッセージの選択

    最も効果のあるメッセージを特定可能。Connectはメッセージを次回送信する際に、最適なメッセージを自動選択します。
  • グループ管理

    メッセージを送らなくても購買行動を起こすユーザーの数を基準とし、メッセージを送信したときのコンバージョン率と比較します。

製品のライブデモにご登録ください

Zendeskの製品ファミリーをひととおりご紹介した後、何かご質問があればお答えします。

デモを予約