カスタマーサービスに自信がありますか?

現在の立ち位置を確認してみましょう

貴社のカスタマーサービスのパフォーマンスを、世界3,250社と比較してみませんか? 現在どのレベルにいても、Zendeskが貴社に必要なソリューションを最適化してお届けします。

質問 1 自社のサービスに関する指標やKPI(重要業績評価指標)を、どのように評価していますか?

ご存知でしょうか。

87%の企業が、CXソリューションを「会話型」に移行させようとしています。

現在の立ち位置

チャンピオン

(7つの特徴をすべて実践中)

すべての組織が目指すべき理想像、まさにチャンピオンです。 日頃から優れたCXを提供する貴社はCXのエリートです。 貴社の組織は、ESGの調査対象となった全カスタマーサービスチームの、上位12%に位置しています。 チャンピオン(7つの特徴をすべて備えた組織)の数は、昨年に比べ50%増加しています。

CX成熟度の高い組織が備える7つの特徴

貴社の組織は、CX成熟度の7つの特徴のうち、xつを備えています

  • カスタマーサービスチームは適切なツールを与えられている
  • カスタマーサービスチームは適切なトレーニングを受けている
  • カスタマーサービスチームの仕事量は適切である
  • 組織が顧客のフィードバックを活用して随時変更や改善を行っている
  • 組織が顧客のフィードバックを速やかに分析している
  • 組織がカスタマーサービスに関する指標に基づいて意思決定を行っている
  • カスタマーサービスに関する指標が常に最新の状態に更新されている

カスタマーサポート市場のトレンド

カスタマーサービスへの投資は増加傾向

  • チャンピオン企業の割合は全世界で50%増加
  • 世界の組織の56%が過去1年間でCXへの取り組みを強化、逆にCXの優先順位を落とした組織はわずか4%
  • Zendeskを利用する企業のサポート担当者は、他のソリューションを利用するサポート担当者に比べ、満足度がほぼ2倍

カスタマーサポート市場のトレンド

カスタマーサービスへの投資は増加傾向

  • チャンピオン企業の割合は全世界で50%増加
  • 世界の組織の56%が過去1年間でCXへの取り組みを強化、逆にCXの優先順位を落とした組織はわずか4%
  • Zendeskを利用する企業のサポート担当者は、他のソリューションを利用するサポート担当者に比べ、満足度がほぼ2倍
CX成熟度を高めるメリット

なぜCXチャンピオンになるべきなのか

チャンピオン企業は多くの組織を上回る成果をあげていることが、ESGの調査で明らかになっています。

1%

平均初回応答時間が短い

2%

問題解決にかかる合計時間が短い

3%

サポート担当者の処理能力が高い

2.3倍

カスタマーサービスチームがプロフィットセンターになっている

12.8倍

顧客満足度が目標を上回っている

6.1倍

過去1年間で大幅に顧客の購入額が増加した

1%

平均初回応答時間が短い

2%

問題解決にかかる合計時間が短い

3%

サポート担当者の処理能力が高い

2.3倍

カスタマーサービスチームがプロフィットセンターになっている

12.8倍

顧客満足度が目標を上回っている

6.1倍

CXへの投資に対する費用対効果が非常に高い

CXで差を付ける

ポテンシャルを最大限に活用