CXスターターからCXチャンピオンへ

トップを走る
リーダーに続け

優れたカスタマーエクスペリエンス(CX)リーダーは、サポートシステムへの投資をためらうことはありません。有能なサポート担当者を育成し、チームの業務をくまなく管理し、顧客満足度の向上に全力で取り組みます。そうした優秀なリーダーたちから、サポート業務のノウハウを学び取りましょう。

優れたリーダーに学ぶ

500人以上のCXリーダーを対象としたZendeskの調査では、回答者の89%が、CXの面で後れをとるとビジネスにリスクが生まれると考えていることがわかりました。調査結果をまとめたレポートでは、コストよりも価値を優先することがそうしたリスクの回避につながると説明されています。

貴社がCXチャンピオンになるための
方法を確かめましょう
名をご入力ください
姓をご入力ください
正しいメールアドレスをご入力ください
国を選択してください
正しい電話番号をご入力ください

会社の情報をご入力ください

会社名をご入力ください
従業員数をお選びください
部署をお選びください
また、Zendeskの製品やサービスに関するお知らせをお送りください。(メールの配信はいつでも中止できます。)
オプションを選択してください

 

レポートをダウンロードしていただきありがとうございます。CXに関する最新動向にさらにご興味がある方は、最新情報をご覧ください。

問題が発生したようです。

ページを再度読み込んでフォームの入力をやり直していただくか、または、support@zendesk.comまで直接メールでお問い合わせください。

CXチャンピオンに関する最新情報をいち早く入手しましょう。

CXチャンピオンに近づくには

Zendeskは長年にわたって、さまざまな企業のカスタマーサービス改善を支援してきました。以下のウェビナーでは、その経験から学んだことを存分にご紹介します。ぜひ視聴して、CXチャンピオンになる方法をチェックしましょう。

データ:CXチャンピオン

2020年10月開催

ビジネスを成功に導くCXフレームワークの構築方法

CX成熟度を高めるには、まずは何より自社の現状を正しく理解することが重要です。Zendeskのエキスパートがセルフアセスメントの手法をご紹介します。

ウェビナー(録画)を見る

 

2020年10月開催

CXにおけるセルフサービスの現状

この混とんとした状況の中、カスタマーサービスはどこへ向かっていくのでしょうか? ヘルスケア製品を展開するPlexus WorldwideのLouis Ross氏とZendeskのエキスパートが、セルフサービスの活用について熱く語り合います。その他、お勧めのセルフサービスソリューションや、今こそ知りたいセルフケアのヒントもいくつかご紹介します。

ウェビナー(録画)を見る

 

データ:CXチャンピオン
データ:CXチャンピオン

2020年10月開催

顧客対応を滞らせることなくサポートチャネルを追加する方法

CXの面で優れた成果を上げている企業は、より多くのサポートチャネルを導入している傾向にあります。どうすれば新しいチャネルをスムーズに導入できるのかチェックしましょう。

ウェビナー(録画)を見る

 

2020年10月開催

リモート体制でカスタマーサービスを成功させる方法

リモートで働くサポート担当者が増える中、顧客とのやり取りを滞りなく進めるには、適切なツールの導入が欠かせません。リモートサポートに役立つZendeskのリソースを活用して、スムーズにリモートワークに移行しましょう。

ウェビナー(録画)を見る

 

データ:CXチャンピオン

Zendeskを導入した場合のROIを確認しましょう

貴社のカスタマーサービスをオムニチャネルに移行したらどれだけの効果を期待できるか、今すぐご確認いただけます。顧客と担当者が削減できる時間やROI向上率について予測結果をチェックしましょう。

貴社の現状について
教えてください

チームの人数を入力してください
チームの人数を入力してください
オプションを選択してください

*サンプルサイズが小さいため、ここでは世界平均を表示しています

オムニチャネルに移行した場合の効果

以下の推定値は、Zendeskでオムニチャネルのサポートを実際に提供している企業のパフォーマンス統計に基づいています。

0 時間
初回解決時間の
中央値*
0
ヘルプセンターの
合計閲覧数*
0
平均処理時間*
0 時間
担当者が節約できる
時間の合計

0%

推定ROI

チームに対して意欲的な解決目標がおありのようですね。入力内容に鑑みると、従来のZendesk Suiteユーザーとは異なるところにいらっしゃるようです。

上記の推定値は、Zendeskを導入してオムニチャネルのサポートを提供している企業の「初回返信時間の中央値」、「担当者の平均処理時間」、「初回解決時間の中央値」のパフォーマンス統計に基づいて算出されたものです。「担当者が節約できる時間」と「推定ROI」は、前身製品であるZendesk SupportからZendesk Support Suiteへのアップグレードを踏まえた推定値です。なお、ここには含まれていませんが、セルフサービスの導入によってチケットの削減率も改善されます。こうしたオムニチャネル導入の効果は、お客様の環境次第で変わります。

Zendesk Support Suiteの無料トライアルで、ぜひ実際の効果をお確かめください。

*なお、このシミュレーションには、直近のESGレポートのデータは含まれていません。