セルフサービス成功:ビジネスポータル

ビジネスポータルとは

ビジネスポータルまたは企業ポータルは、Webサイトやアプリケーションにおけるデジタルゲートウェイです。このゲートウェイでアクセスを制限し、特定の顧客にのみ、アカウントやファイル、情報へのアクセスを許可します。エンタープライズポータルソフトウェアを使用して構築されたビジネスポータルは、企業と直接やりとりすることなく、顧客が独自にアカウントにアクセスできるようにします。

Zendeskのヘルプセンターは、カスタマー向けにカスタマイズ可能で、管理が簡単なナレッジベース、コミュニティ、ビジネスポータルをオールインワンで提供します。

独自のアプローチ

多くの企業では、ビジネスに定期的なサポートが必要とされます。これには、請求、カスタマーサービスリクエスト、新製品リリースに関する問い合わせ、テクニカルサポートに関する質問など、さまざまなフォームが使われます。エンジニアリングやソフトウェア開発などの複雑な問題には電話やメールなどで直接やりとりが必要なものもありますが、多くの場合は、カスタマーサービス担当者の助けを必要としない単純な問題です。しかし、顧客にセルフサービスオプションを提供しない場合、顧客は事業部門に直接問い合わせるしか方法がありません。大量の単純なサポートリクエストに対応しなければならない組織の場合、リソースコストが跳ね上がります。これらの問題は、適切なソフトウェアがあればすべて解決できます。

ご存知でしたか?

企業は長年にわたりビジネスポータルを顧客に提供してきました。その結果として、次のような多くのメリットがありました。
  • 顧客のセルフサポート。顧客は、エージェントが質問に答えてくれるのを当てにせず、ログインして必要なときに必要な情報を探し出すことができます。
  • 難しい問題に時間を割く。適切なソリューションは、企業が単純な問題を解決するために費やす時間とリソースを節約できます。その結果、カスタマーサービスエージェントは、複雑な問題への取り組みやVIP顧客との関係構築にかける時間を増やすことができます。
  • 優れた機能。ファイルサイズの上限が大きく、ナレッジベースの統合やその他のセルフサービスオプションなど、メールやその他のチャネルでは提供されない数々の機能が搭載されています。

迅速なソリューション

企業の中でも特にB2B企業は、顧客との継続的な関係を構築することが重要なため、優れたカスタマーエクスペリエンスを提供することが不可欠です。そうしないと、競争相手に負けるおそれがあります。優れたカスタマーエクスペリエンスに欠かせない要素は、顧客が必要なときに、必要な情報に簡単にアクセスできるようにすることです。顧客にビジネスポータルを提供することで、顧客と企業の間に直接的な関係が形成され、顧客は自らの条件で企業とやりとりすることができ、カスタマーサポートの人員を増やすことなくカスタマーエンゲージメントを省力化できます。
Camera ObscuraコミュニティのZendeskビジネスポータルの例

Zendeskの特長

Zendeskによって、セルフサービスで企業とすべてのやりとりができるゲートウェイをすべての顧客に提供できます。クローズしたチケットの履歴、未対応チケットのステータス、購読しているナレッジベースの記事、アカウント情報など、すべてZendeskヘルプセンター内からすぐに利用できます。カスタマー向けにカスタマイズ可能で管理が容易なヘルプセンターは、ナレッジベース、コミュニティ、およびビジネスポータルを提供します。

セルフサービス指向のポータルを構築する

切り替えの準備ができましたか?
無料トライアルを始める

製品のライブデモにご登録ください

Zendeskの製品ファミリーをひととおりご紹介した後、何かご質問があればお答えします。

デモを予約