Zendesk Support Suite レポート

このレポートでは、Zendesk Support Suiteのオムニチャネルサポート導入による業務パフォーマンスの変化について分かりやすく説明しています。以下の予測は、オムニチャネルをご利用中の、御社と類似条件の企業の実際のデータに基づいています。指標値を改善することが目標達成にどのように役立つかご覧ください。

御社の
データ
90
毎月のお問い合わせ件数
5
サポートスタッフの人数
不明
サポート対象
90
毎月の予想チケット数
support
38
guide
35
talk
12
chat
5
導入後の予測値
解決までの
所要時間
5.1時間
顧客満足度を高める最もシンプルかつ効果的な方法は、「お待たせしないこと」です。御社と類似した条件下でオムニチャネルサポートを提供している企業は、ひとつの管理画面から円滑なサポートを提供し、無駄な作業を減らすことで、業務の全般的な効率化を実現しています。
ヘルプセンターの
閲覧回数
15万7600
ヘルプセンターを構築した場合の予想閲覧回数です。オムニチャネルサポートを提供している企業は、Zendesk Guideでヘルプセンターを構築し、セルフサービス用コンテンツを充実させることで、チケット数の削減を実現しています。
平均対応時間
5分未満
お客様の時間は貴重です。この指標は、電話でのお問い合わせへの対応にかかる平均時間を表しています。御社と類似した条件下でオムニチャネルサポートを提供している企業は、Zendesk Guideでヘルプセンターを構築し、Zendesk Chatで迅速に回答することで対応時間を短縮。これによりコールセンターは、電話での対話が必要な、より複雑なお問い合わせに対応できるようになります。
サポートスタッフが
節約できる時間
15 時間
サポートスタッフの生産性は、使用するシステム次第です。御社と類似した条件下でオムニチャネルサポートを提供している企業は、複数チャネルから発生したチケットをまとめて追跡して優先順位を付けて解決しています。チャネルを横断したコミュニケーションもシームレスに進めることができるため、サポートチームの生産性が大幅に向上します。
ROI(投資利益率)
104.7%
ROIは上記の改善効果を全て合わせると実現する数値です。
なお、これらの予測値はZendesk Support Suite導入初期のものであり、本格運用後にさらなる改善が見られる可能性があります。