Zendeskでの社会的影響への取り組み

社会に貢献する

Zendeskは、責任ある企業市民として、積極的に社会貢献活動を続けています。 顧客と企業の関係を改善するソフトウェア開発企業として、Zendeskのお客様、従業員、パートナーをはじめ、コミュニティにおけるすべての利害関係者とのあり方に、サービス第一主義のアプローチを取り入れています。

従業員の健康と暮らしの向上、人種間平等への取り組み、複雑な社会的課題の解決に向けた自社テクノロジーの活用など、ZendeskのESG(環境・社会・ガバナンス)コミットメントをグローバルインパクトレポートに詳しくまとめましたので、ぜひご覧ください。

2020年版レポートを読む

「皆様の役に立つ」ことを第一に掲げています。

Zendeskの製品は、各企業のカスタマーサポートのスマート化を目指すものです。 Zendeskのソーシャルインパクトへの取り組みにも、同様の目標があります。つまり、当社が人々、コミュニティ、そして地球のためのサポートをするということです。 当社の社員、製品と資源を結集して、私たちが暮らし、働く社会に貢献できるよう取り組みを行っています。

Practice Empathy

2020年、1,400人以上の Zendeskの従業員がボランティア活動に貢献

2020年、合計12,000時間のボランティア活動に従事

2020年、テック・フォー・グッドパートナーにて758時間のボランティア活動に従事

Purpose over perks

社員の力を結集する

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、Zendeskの社員は対面からバーチャルでのボランティアに移行し、世界中のコミュニティパートナーが必要とするサポートをリアルタイムで提供し、370時間以上の新型コロナ関連の支援を行ってきました。

世界中の社員の力を結集し、新型コロナ関連のニュースを各地域の言語に翻訳しました。 Slackにて #volunteer-translate というチャンネルを設けて、ロンドン、マニラ、モンペリエ、サンフランシスコ、ダブリン、クラクフ、マディソンに勤務する計127名の従業員が非営利組織、医療機関、外出できない高齢者のために、重要な情報を翻訳しました。 マニラのチームは、感染拡大に関するガイドラインをフィリピン保健相が全国に広めるための支援も行いました。

製品の提供

Zendesk製品の提供とスキルを備えた従業員の派遣を通して、導入を支援し、非営利組織がそれぞれの価値を最大化できるよう支援しています。 当社のソフトウェアを使用することで、コミュニティ組織はボランティアと寄付金を管理し、緊急対応のためのリソースを開放し、クライアントに合わせたサポートを提供できるようになります。

コミュニケーションをもっと便利に

ZendeskのTech for Goodへのお申し込みと詳細は、ヘルプセンターをご覧ください。

*英語のみ

Every little bit makes a difference

テック・フォー・グッド (社会に役立つ技術) の具体例

新しい土地でのスタート

1933年設立の国際救援委員会 (IRC) は、難民や強制移住者が生活を立て直せるよう、世界40カ国以上、米国の20都市以上で支援を行っています。 IRCは2019年11月からZendesk Sellを導入しており、難民申請の一件一件を見落としなく確認するために役立てています。 IRCはZendeskを活用して、800人以上の子供たちを含む1,000以上の家族の受け入れプロセスを完了しています。

ビデオを視聴

情報をシェア

コロンビアの小さなコミュニケーションコンサルティング会社Fluytの従業員一同は、コロナ禍において、自分たちの持つ情報共有スキルで社会に大きく貢献できることを確信していました。 そこでZendesk Guideを使用して、メンタルヘルスに関するリソースから屋内退避命令まで、500件以上の幅広い記事を紹介するコンテンツハブ、masuno.app を開発しました。 最近では、ボランティアのためのコールセンターも立ち上げ、食べ物やシェルター、薬品などを提供できる支援者との接点の役割を果たしています。

Little minds, big impact

For more than 40 years, the Madison Children’s Museum (MCM) has provided creative programs and exhibits for the children of Madison, Wisconsin. However, onboarding new members required more time than the museum’s small staff had to give. Implementing Zendesk Support and Guide to increase sign-up capacity gave the museum a 50% increase in memberships and a 42% jump in revenue year-over-year.

テック・フォー・グッドのショートフィルム

Zendeskを活用する非営利組織とその活動のようすを、短編映画シリーズでご紹介します。 これらの非営利組織の活動は、Zendeskが目指す社会的影響への取り組みの理想的な形のひとつです。 これらの活動を誇りにし、今後さらに広めてゆきたいと考えています。

映画シリーズを観る

必要とされる場所に支援金を届ける

オーストラリアのメルボルンに拠点を置く非営利組織のSt. Kilda Mumsは、大切に使用された赤ちゃん用品を回収し、必要とする家庭に寄付しています。Zendesk Neighbor Foundationからの45,000ドルの寄付で倉庫を建設し、組織の影響力が大きく向上しました。

それまでの小さいオフィスでは、一時保管できる寄付の量や作業するボランティアの数にも限りがあったため、育児用品を必要とする家族が待機リストに並んでいる状態が続きました。 今では、保管スペースや作業スペースが拡大し、これまでの3倍の家族を助けることができるようになりました。

Practice kindness

Zendeskの寄付への取り組み

Zendesk Neighbor Foundation では、 飢餓、メンタルヘルス、デジタルインクルージョンとエクイティ、気候変動の4つの専門エリアに取り組む非営利組織に資金援助と戦略支援を行っています。

2015年以降、10万ドル以上を非営利組織に寄付してきました。