CXトレンド分析レポート2022 なぜ顧客視点の企業戦略で差が生まれるのか? レポートを読む

Champions of customer service

Champions
of customer no-hassle not waiting on social extra sauce actually having customer
service returns hold forever messaging on the side a nice day service

テクノロジーの進化やビジネスの成長、経営環境の変化に合わせて、常に柔軟な対応が求められるカスタマーサービス。

Zendeskでコミュニケーションを可視化し、お客様の期待値を超える体験を届けませんか?

CXトレンド2022

最新テクノロジーで
CX向上を実現

AI、自動化、会話型サービスを有効活用し、企業を成長へ導くには

レポートを読む

最新導入事例

国立法人京都大学様

全授業のオンライン化に伴う問い合わせ急増に。スモールスタートで迅速に対応

導入事例を読む
Sticker: New!

オンラインセミナー

Zendeskの最新情報

対話型CRMの時代がついに到来。 最新のリリースでは、顧客との対話をビジネス全体で活用する方法をご紹介します。

イベント登録

質の高い会話は
満足度の高い顧客体験を生む

顧客満足度を高めるカギとなるのが、会話型の顧客体験です。顧客は企業に対して、あらゆるチャネルで一貫性のあるコミュニケーションを求めています。

カスタマーサービス
従業員体験

顧客の期待値を超える
サポートを実現

顧客は、いつどこからでも企業に連絡できることを期待しています。Zendesk Suiteなら、顧客が好むチャネルでやり取りできるだけでなく、複数のチャネルをまたいでシームレスかつ高度なサポートを提供できます。

Logo: Airtrip

「Zendeskを活用することで、不測の事態にも、ビジネス上の意思決定を妨げることなく臨機応変に対応できるサポート基盤を構築できたのは大きな強みです」

中西 由美氏

株式会社エアトリインターナショナル
FIT事業本部 カスタマーサービス部 部長

Stylized product screenshot

快適なサポート体験を
社内でも

Zendeskを社内の問い合わせ対応に活用すれば、社員の方々からのあらゆる質問に素早く回答でき、社内FAQやAI搭載型ボットで自己解決を促進できます。快適で効率的な職場環境作りに、Zendeskをぜひご利用ください。

Logo: Homebridge

「Zendeskはチームにすっかり定着しました。営業担当者からパートナーまで誰もがZendeskを高く評価したため、他の部署への導入も決定しました」

Ben Chapman氏

Homebridge社、クライアント対応エクスペリエンス・分析ディレクター

CXを自在にカスタマイズ

Sunshineなら、Zendeskをカスタマイズし拡張することができます。顧客にパーソナライズされた体験を提供し、エージェントの生産性を高め、ビジネス全体を連携しましょう。 さらに、オープンかつ柔軟性があるため、何事にも迅速に適応することが可能です。

Logo: Gartner

デジタルカスタマーサービス部門のユースケースNo.1に選出

「最終的にチケット起票に至る問い合わせは、解決の難易度の高いものが増えている印象です。困ったらまずヘルプセンターを開くという流れが定着化しつつあり、簡単な問題はFAQページを通じて自己解決できるようになったということでしょう。」

渡辺 浩行氏

システム本部 IT統括部 IT戦略部ユーザーサポートグループ
グループマネージャー
株式会社ディー・エヌ・エー

Photo: Customer Experience
Photo: Customer Experience
Photo: Customer Experience

最高の
カスタマー
エクスペリエンスを
Zendeskで実現

誰もが知っているあの企業も
Zendeskのお客様です。

すべてのお客様事例を見る

「CRMカスタマーエンゲージメントセンターにおける重要な機能」(2020年6月8日、ガートナー、Nadine LeBlanc、Brian Manusama)
ガートナーは、調査出版物に掲載されている特定のベンダー、製品、サービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティングやその他の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーユーザーに提案するものではありません。ガートナーの調査出版物は、ガートナーのリサーチ&アドバイザリ組織の見解を表したものであり、事実の表明として解釈されるべきものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定の目的への適合性を含め、一切の責任を負うものではありません。GARTNERは、Gartner Inc.または関連会社の米国およびその他の国における登録商標およびサービスマークであり、同社の許可に基づいて使用されます。All rights reserved.