カスタマーエクスペリエンス向上

Zendeskのメッセージングソリューション:デジタルファースト時代を勝ち抜くための次世代カスタマーサポート 記事

Zendeskのメッセージングソリューション:デジタルファースト時代を勝ち抜くための次世代カスタマーサポート

Zendeskメッセージングにより企業はWebサイト、モバイル、ソーシャルアプリのどこからでも接続可能な充実の会話型サービスを提供することが可能になります。

ニューノーマル時代の顧客エンゲージメントとは?– CX Trends 2021 –<br>【セミナーレポート】 記事

ニューノーマル時代の顧客エンゲージメントとは?– CX Trends 2021 –
【セミナーレポート】

「ニューノーマル」と呼ばれる新たな時代に、これからのカスタマーサービスはどうあるべきなのか。CX戦略を実現するためのコミュニケーション設計や顧客接点のオムニチャネル化を推し進める東京電力エナジーパートナー株式会社様の事例をご紹介します。

Webチャットと電話、どちらのサポートチャネルを選ぶべき? 記事

Webチャットと電話、どちらのサポートチャネルを選ぶべき?

Webチャットと電話は両方ともカスタマーサポートで有用なチャネルですが、違いを踏まえて企業は使用する場面や使い方を変える必要があります。本記事では、Webチャットと電話のメリット・デメリットを比較し、重要な違いや活用法を解説します。

デジタルファーストの世界で「お客様こそ正義」をどう捉えるべきか 記事

デジタルファーストの世界で「お客様こそ正義」をどう捉えるべきか

顧客ファーストのアプローチは特に目新しいものではなく、昔から存在していました。本記事では「お客様こそ正義」という従来の言葉をデジタルファーストの世界でどのように取り入れていくかを解説します。

新着記事

明確なゴールを共有しつつ、「今しかない」という覚悟と熱意でプロジェクトを推進

明確なゴールを共有しつつ、「今しかない」という覚悟と熱意でプロジェクトを推進

別々に導入してきたコールセンターシステム、CRM、チャット、FAQの4つのツールを手放し、一気にZendeskへ移行したテレコムスクエア社の取り組みとは。

ナレッジセンターサービスがサポートチームにもたらすメリット 記事

ナレッジセンターサービスがサポートチームにもたらすメリット

ナレッジセンターサービス(KCS)とは各従業員が顧客の実際のニーズに基づいて各自でナレッジを改善していくことによって、多数から寄せられるナレッジを継続的に蓄積する取り組みを指します。本記事ではKCSの定義やメリットやポイントを解説します。

メッセージング活用のヒント 記事

メッセージング活用のヒント

2020年はメッセージングの活用が飛躍的に進んだ年であり、このトレンドは今後も続くと言って問題ないでしょう。本記事ではメッセージングの重要性や活用法、チャットとメッセージングの違いを解説します。

ZendeskとShopifyの連携機能で、eコマースでのCXを向上 記事

ZendeskとShopifyの連携機能で、eコマースでのCXを向上

新しくなったZendeskとShopifyとの連携機能では、Zendesk上からShopifyでのストアフロントに関する情報を照会して、顧客の詳細情報や最近の注文履歴を参照することができます。本記事では改善された機能の詳細をご紹介します。

カスタマーサービスチームに必要な4つの支援策とは? 記事

カスタマーサービスチームに必要な4つの支援策とは?

一流のカスタマーサービスは、顧客1人ひとりのブランド認識に強い影響を与えるため、カスタマーサービスチームへの支援やトレーニングが必要です。本記事では、カスタマーサービスチームの支援に関するベストプラクティスをご紹介します。

連休に向けてサポートチームが知っておきたいこと 記事

連休に向けてサポートチームが知っておきたいこと

顧客は連休中にも企業に問い合わせをし、適切なカスタマーサポートが受けられることを期待しています。本記事では、問い合わせが急増する連休に向けて、カスタマーサポートが知っておくべき問い合わせ対応を効率化するポイントをご紹介します。

完成形のない進化するツールを、独自に楽しみながら重要な戦力に

完成形のない進化するツールを、独自に楽しみながら重要な戦力に

顧客の情報システム部門向けに提供する社内ヘルプデスクサービスにZendeskを導入したISID-AO社の取り組みとは。

コールセンター運営のカギを握るワークフォースマネジメント(WFM)とは? 記事

コールセンター運営のカギを握るワークフォースマネジメント(WFM)とは?

ワークフォースマネジメントの戦略を用いているコールセンターでは、従業員の離職率の低下、顧客満足度の向上、運営コストの削減といった成果が上がっています。本記事では、ワークフォースマネジメントの定義からシステム導入のヒントを解説します。