見た目は変われど
本質は変わらず

以来、会社は大きく成長しました。今ではソフトウェアは、才能あふれる魅力的な人々によって、世界各地の拠点で開発されています。オフィスは広くなり、本物のデスクを使っています。でも、「本物をつくる、お客様の声を聴く、美しいまでにシンプルに」という創業精神は今も変わりません。

Zendeskを使って、お客様との距離を近づけましょう

Zendeskはカスタマーサービスのプラットフォームです。お客様と、さらに意義深く、親密で、生産的な関係を築きたいと願う企業に最適です。まずは、サポートの品質向上の支援から。そして、セルフサービスの充実とカスタマーへのプロアクティブな働きかけを通じて顧客との関係を成熟させましょう。

これからもずっと
美しいまでにシンプルに

私たちが目指す美しいまでのシンプルさとは、デザイン性と機能性の両面から課題に取り組むことです。デンマークの家具デザイナー、アルネ・ヤコブセンにとって、それは卵のように見える椅子を作ることでした。Zendeskにとっては、コンシューマーソフトウェアに期待されているデザイン要素を、煩雑なカスタマーサービス業務を簡素化する使いやすいプラットホームに取り込むことを意味します。

地域社会への還元

Zendeskは2011年にサンフランシスコ本社をテンダーロインに移転しました。同地区は、サンフランシスコ市の中心部に位置する、歴史的に由緒のある有名な地域ですが、不遇なことに、この何十年もの間、世間から見捨てられてきた場所です。この地に移転してから、当社は、他のグローバルオフィスの周辺地域に対して行ってきたように、テンダーロイン地区に数千ドルを投資し、地域へのボランティア活動に奉仕しています。

2015年、Zendeskは地域コミュニティに参加し、支援することを目的に Zendesk Neighbor Foundationを設立しました。当基金は、貧困やホームレス、医療などの問題に取り組み、教育を改善し、ジェンダー平等、職能開発、技術リテラシーを促進することにより、地域社会の刷新と向上に焦点を当てています。