顧客起点で
つながる

Zendesk Gatherを使うと、顧客どうしでつながり、情報を共有できるコミュニティフォーラムを構築できます。

コミュニティフォーラム構築ソフトウェア

集合知を徹底活用

顧客は、製品について気軽に話ができる場を求めているもの。そして、その話し相手は必ずしも企業の人間である必要はありません。毎日製品に触れている別の顧客の方が有益な情報を提供できることも多いからです。それならば、顧客どうしが自由に情報を交換できる場を立ち上げましょう。そして助けを求められたときには、皆さんも手を差し伸べればよいのです。Zendesk Gatherなら、企業と顧客が一体となって交流できるコミュニティを構築できます。

さまざまな視点からのサポート

顧客どうしで問題を解決

顧客は、別の顧客が持つ知識も、問題解決のヒントとしてぜひ活用したいと考えています。Zendesk Gatherを使えば、製品に関するアイデア、フィードバック、ノウハウ、コツを提供し合うなどして、顧客間で有益な情報をやり取りできるようになります。サポート担当者も適宜会話に加わることができるため、顧客だけでは対応できない問題があっても、うやむやになってしまう心配はありません。

Zendesk Gatherで新しい投稿を作成して形式を整える
Zendesk Gatherで質問に答えたり、コメントしたり、他の人のコメントや回答を評価したりしましょう

良質なコンテンツ作り

使い手の視点を反映

あらゆる顧客のニーズを満たしたサポートコンテンツを作成するのは、簡単なことではありません。Zendesk Gatherなら、社内の製品エキスパートに加えて、顧客にもコンテンツ作りに加わってもらうことが可能です。製品を知り尽くしたユーザーからのさまざまな意見をリアルタイムで反映できれば、常に顧客のニーズに適したコンテンツを提供できるようになります。

顧客関係の強化

フィードバックを
有効活用

顧客の意見を積極的に取り入れて、顧客を大切にしているという姿勢をアピールしましょう。Zendesk Gatherなら、フィードバックを収集して、顧客が満足している点や困っている点を把握することができます。それを基にカスタマーエクスペリエンスを改善していけば、顧客との信頼関係を深め、ロイヤルティを向上させることができます。

Zendesk Gatherについての公式コメント
「当社のコミュニティは、デザイナーの皆様が交流し、知恵を出し合って問題を解決するための場として、活発に利用されています。実際、コミュニティではお客様どうしの熱意や創意工夫にあふれる会話を目にすることができます。

製品に対する有意義なフィードバックを得られたり、お客様どうしの問題解決のやりとりが公開されることでサポート部門に届くチケットの数が減るなど、コミュニティ導入には計り知れないメリットがあります」

Sean Kinney氏

InVision、サポート部門シニアディレクター