ホーム
エンタープライズ向け
コミュニケーション、ツール、およびデータを結び付ける

ページの共有

会社が大きくなるほど、業務はより複雑になります。すべての部門にわたってツール、データ、コミュニケーションを簡単に繋げることができ、顧客とのやりとりが円滑になり、時間を無駄にしません。

カスタマーがどこからでも電話をかけられます

カスタマーがすぐ近所にいる場合も、世界の反対側にいる場合でも、それぞれに最適な電話番号を提供することができます。フリーダイヤルや市内通話、現在使用している電話番号への移転、複数の電話番号の使用など、Zendesk Talkではあらゆる選択肢をお選びいただけます。

顧客データへのアクセス

Zendesk Sunshineは、柔軟性の高いオープン環境のCRMプラットフォームです。AWS上に構築されたZendesk Sunshineを通じて、あらゆる場所の顧客データにシームレスにアクセスし、理解することが可能になります。パワフルで高速なSunshineを活用することで、自由に開発を進めることができます。

ページの共有

最新の開発者ツール

Zendeskのアプリ・マーケットプレイスで、700を超える人気のあるアプリやインテグレーションから選択して、エージェントワークスペースをカスタマイズし、ワークフローを簡素化します。または、Zendesk APIを使用してカスタムインテグレーションを構築したり、400個もの各種APIエンドポイントを使用してZendeskのデータとやり取りできます。

サポート業務の分析と最適化

Zendesk Exploreは包括的な顧客分析ツールキットです。顧客と企業との間のすべてのやりとりを数値化し、最適化するのに役立ちます。Zendeskのあらゆるチャネルとシームレスに統合されているため、常にデータに基づいた適切な意思決定ができます。

Zendesk内でのコラボレーション

コラボレーションアドオンのサイドカンバセーション機能を使えば、社内外の協力者に直接相談することができます。協力者にSupportへのアクセス権限を付与する必要はありません。また、他のチームに「ライトエージェント」のロールを割り当てることで、Supportへのアクセスや、プライベートコメントの作成が可能になります。

「今までのSaaS製品も悪くはなかったのですが、他のシステムとの連携ができていませんでした。Zendeskなら、他のシステムと統合して業務の効率を高めることができます。1つのシステムで複数のグループのニーズを満たせます。」

Bill Dougherty氏

Omada社、ITおよびセキュリティ担当副社長

Zendeskでコミュニケーション、ツール、およびデータを結び付ける