ノウハウの活用

優れたセルフサービスを提供し、エージェントを価値の高いタスクに注力させるスマートなナレッジベース

Zendesk Guide Product Logo

Guide pricing plans

Guide Professionalの無料トライアルをお試しください

Lite

 

 
Zendesk Supportに付属

 

  • ナレッジベース
  • ナレッジキャプチャーアプリを活用したヘルプセンター内の記事検索とプレビュー、リンクの挿入
  • サポートリクエストフォーム
  • Googleアナリティクスのレポート

Professional*

 

  1エージェント/
月額

Lite の機能 +

  • カスタムテーマ・インテグレーション
  • ロール別に制御されるアクセス
  • カスタマーリクエストポータル
  • ナレッジキャプチャーアプリとAIによる記事のおすすめ機能を活用した記事のフラグ付けと記事作成
  • 多言語コンテンツ
  • パフォーマンスダッシュボード

Enterprise

 

  1エージェント/
月額

Professional の機能 +

  • 複数のヘルプセンター
  • 複数のテーマテンプレート
  • チームパブリッシングによる記事の割り当てと公開許可
  • チームパブリッシング記事イベントによる記事ライフサイクルの管理
  • コンテンツキューによるナレッジギャップの特定
  • 6段階サブセクションでのコンテンツ管理
オプション

Answer Bot

最小プラン:

  /月

Answer BotをGuide ProfessionalまたはEnterpriseに追加…

  • ナレッジベースのコンテンツを活用して顧客へ{0}自動返信
Guide Liteは、すべてのSupportプランで無料でご利用いただけます。

この料金は、年額一括払い時の価格です。月払い時の価格については、こちらをクリックしてください
利用できる機能は、Supportプランの種類によって異なります。
*この無料トライアルで提供されるプランはGuide Professionalです。

よくある質問とその回答

トライアル

Zendesk Guideのトライアルのしくみを教えてください

Zendesk GuideのトライアルではProfessionalプランが提供され、30日間無償でお試しいただけます。

Guideのトライアル期間が終了すると、どうなるのですか

無償トライアル期間の終了後に引き続きZendesk Supportをご利用いただく場合、次の2つのオプションがあります。

  1. Guide Professionalの購読を購入する
  2. 既存のZendesk Supportプランに含まれているGuide Lite(1エージェントあたり月額$0)にダウングレードする。 Guide Professionalの高度な機能の一部をご利用いただけなくなります。

Zendeskとのご契約がない場合に、引き続きGuideをご利用いただくには、Zendesk Supportの購読をご購入いただく必要があります。

$0で利用できるGuide Liteにダウングレードした場合、どうなりますか

Guide Liteにダウングレードしても現在の設定はそのまま維持されます。ただし、ヘルプセンターテーマのカスタマイズやコミュニティの有効化、無制限のレポーティング、Answer Botによるチケット削減のための自動化など、一部の機能をご利用いただけなくなります。

購入

Zendesk Supportとは別にZendesk Guideだけを単独に購入できますか

Zendesk Guideをご利用いただくには、Zendesk Supportの購読を購入する必要があります。Zendeskプランについて詳しくはこちらをご覧ください。

追加の契約や追加費用は発生しますか。途中でプランを変更できますか。

いいえ。支払うのはエージェントの料金のみです。セットアップ料金や初期手数料はなく、ほとんどのカスタマーは導入初日にセットアップを完了し、使い始めています。

Guide Professionalプランの契約は月単位または年単位となっています。プランはいつでも開始/中止、または変更できますが、解約またはダウングレードされた場合の返金はいたしません。(詳しくは、利用規約をお読みください。)

Supportアカウント内のエージェント全員分のGuideライセンスを購入する必要がありますか

はい。Supportプランでご契約いただいたライセンス数と同じ数が必要です。そうすることで、エージェントは、コンテンツ作成、チケットへのコンテンツのリンク、改善の必要なコンテンツにフラグを立てるなど、様々な作業が行えます。