ホーム
ヘルプデスク ソフトウェア
機能
サポートチケットソフトウェア

シームレスなサポート:
障害報告チケットソフト

障害報告チケットソフトウェアとは

障害報告チケットソフトウェアは、障害報告チケットの整理や報告、解決のプロセスを管理します。こうしたソフトウェアを活用しない場合、チケットシステムの運用はかなり煩雑になります。よくあるトラブルは、回答がないままチケットが放っておかれ、カスタマーが不満を募らせるという問題です。障害報告チケットソフトウェアがあれば、このようなトラブルを回避でき、最終的に、カスタマーサービスの向上につながります。

Zendeskの数々の画期的な機能を活用してチケットシステムをカスタマイズすれば、チケット管理をスムーズに行うことができます。

独自のアプローチ

障害報告チケットソフトウェアを自社で開発したり、無料のオープンソースプログラムを使用するほうが、魅力的に思えるかもしれません。しかし、多くの場合、自社開発の障害報告チケットシステムが機能するのは、ある程度の期間だけです。システムのカスタマイズが進むにつれ、社内で使用している他のソフトウェアツールとの連携が難しくなります。自社開発システムはまた、開発と保守のために専任の要員と専用の時間を必要とします。オープンソースの障害報告チケットソフトウェアや、それより堅牢な有償の障害報告チケットソフトウェアの簡易版フリーミアムモデルも、低コストであることが理由でよく採用されていますが、大抵は利用できる機能とサポートに制限があります。今日の革新的な企業は、これらに代わる低コストのクラウドベースの障害報告チケットシステムを活用しています。これらのシステムの多くは、段階的な価格体系を提供し、セキュリティが堅牢で、必要なときにサポートを受けることができます。優れた有償の障害報告チケットソフトウェアは、ビジネスやユーザーベースの成長に合わせてシームレスに拡大できる俊敏性を備えています。

ご存知でしたか?

カスタマーサービスは、あらゆるビジネスの要です。信頼できる優れたカスタマーサービスの提供を望むなら、障害報告チケットソフトウェアは欠かせません。障害報告チケットソフトウェアソリューションには、以下のようなメリットがあります。
  • チケットを見失なわない。エージェントがカスタマーに返信するまで、障害報告チケットがキューに「オープン」としてとどまります。
  • チケットに優先順位を付けられる。チケットの優先度は、チケットごとに異なります。チケットの中には、早急に解決が必要なものがあります。高性能な障害報告チケットソフトウェアソリューションでは、カスタマーサービスマネージャーが、ビジネス上の的確な判断に基づいてチケットに優先順位を付けることができます。
  • エージェントのスキルを考慮できる。その問題の解決に最適なスキルセットを備えたエージェントにチケットを割り当てることができます。
すべての障害報告チケットソフトウェアが、このようなメリットを提供できるわけではありません。候補となるソフトウェアをよく検討したうえで、貴社のニーズに最もふさわしいものをお選びください。

ビジネスに最適

今日の主要なカスタマーサービスプラットフォームやITヘルプデスク、障害報告チケットシステムは、すべてクラウドベースであり、多数のSaaSビジネスソリューションのホストと統合されています。メールベースやオープンソースまたは自社開発の障害報告チケットシステムを、クラウドベースのチケットソフトウェアプロバイダーと入れ替えることで、サポートチームは受け取ったすべてのチケット情報を1か所で管理、把握できるようになるため、何ひとつ見逃さず、エージェントの作業が重複することもなくなります。障害報告チケットソフトウェアの導入により、非効率的でいい加減なリクエストに終止符を打ち、リクエストや事象、問題の追跡と、アセットの管理、ワークフローの合理化、アクションにつながるレポートの作成を容易に行えるようになります。クラウドベースの障害報告チケットソフトウェアの最大のメリットは、離れた場所や外出先からでも、どこからでも使用できるという点です。サポートチームの稼働時間が増え、対応できない時間が減ります。

Zendeskの特長

Zendeskは、メールや電話、チャット、ソーシャルメディアなど、カスタマーが問い合わせに使用したチャネルに関係なく、障害報告チケットをすべて1か所にまとめます。Zendeskの障害報告チケットソフトウェアは、エージェントが時間を節約できるように設計されており、チケットビューやトリガ、自動化といったツールが、障害報告チケットの追跡、割り当て、解決を容易にします。各企業の独自のビジネスのやり方に対応できるよう、Zendeskのソフトウェアは柔軟に設計されています。Zendeskの数々の画期的な機能を活用してチケットシステムをカスタマイズすれば、チケット管理をスムーズに行うことができます。

障害報告チケット処理という難題を解決

切り替えの準備ができましたか?
無料トライアルを始める