充実したヘルプセンターで業務を効率化

お客様の
自己解決を促進

ご存知でしたか?
カスタマーサービスに問い合わせる前に、答えを検索している人は全体の81%にも上ります。充実したヘルプセンターがあれば、お客様の疑問は即解決。サポート業務の効率化も実現します。

賢い機能が「快適なエクスペリエンス」の鍵

Zendesk Support logo GUIDEナレッジベースとヘルプセンター構築ソフトウェア

ヘルプセンターを手軽に構築

Zendesk Guideならヘルプセンターカスタマーポータルを手軽に素早く構築できます。ブランドイメージに合わせてカスタマイズも可能。サポートスタッフの知識をナレッジベースで共有し、お客様がすぐに答えを見つけられるようにしましょう。

Answer Bot icon ANSWER BOTバーチャル
カスタマーアシスタント

人工知能が自動回答

多言語対応のバーチャルカスタマーアシスタント「Answer Bot※」がヘルプセンターから参照記事を選択し、お客様に自動送信します。ウェブサイト、モバイルアプリ、Slackなど、さまざまなお問い合わせチャネルに対応。オープンAPIも備えています。 ※現在、日本語未対応

Zendesk Support logo SUPPORTカスタマーサービス
ソフトウェア

業務を効率化

Zendesk Supportなら参照記事の検索も楽々。対応時に見ている画面内で検索できるので、ページを移動する必要がありません。記事のリンク挿入もクリック1つで完了。また、サポートスタッフが回答を作成する際、共有すべき内容と判断した場合は、その場で記事を作成できます。

お客様のメリット

探している答えが
すぐに見つかる

Zendesk Guideならさまざまな自己解決リソースを素早く構築し、お客様に提供できます。まず顧客が自力で解決策を探せるヘルプセンター、次にお客様同士が答えを提供し合うコミュニティー、最後にお客様が自身のお問い合わせ履歴を管理できるカスタマーポータルを作成できます。作成したコンテンツをAI機能に組み込み自動応答設定にすれば、業務の大幅効率化も実現します。

サポートスタッフのメリット

ヘルプセンターは
頼れる虎の巻

サポートスタッフの知識を共有することは、お客様のみならずスタッフにとっても有益です。ヘルプセンターはいわば、お問い合わせの答えが載っている虎の巻。内容が充実すれば充実するほど、サポート業務もスムーズになります。Zendesk Guideなら、参照記事の作成も簡単。出来上がった記事をAI機能に組み込んで自動応答設定にすれば、スタッフはより複雑な問題に時間を割けるようになります。

お問い合わせの前に疑問解決

人工知能が
自己解決をサポート

高い自己解決率を背後で支えているのは、賢い人工知能です。AI機能「Answer Bot」※は、お客様のお問い合わせ内容を分析。参照記事を自動選択・送信するため、素早い解決が可能となります。リサーチ会社Gartnerの調査では、スムーズに回答を見付けられたお客様の満足度は12%アップすると報告されています。 ※現在、日本語未対応

Zendesk Guide logo

自己解決コンテンツ構築のヒント

お客様自身に答えを探してもらいましょう!

データは語る

Zendeskをご利用の企業は、充実したヘルプセンターの構築によりお客様満足度のアップと効率化を実現しています。

82%
の企業が「Zendesk Guide Enterprise」にアップグレードしたことで、自己解決率が上がり、お客様満足度とスタッフの生産性を向上させたと回答しています。

83%
の企業が、Zendeskのチームパブリッシング機能を活用すればサポートチームの知識をスムーズに共有でき、コンテンツの管理もしやすくなると回答しています。

Zendesk Guideを導入後、ブランドごとにヘルプセンターを構築しました。誰にでも簡単に記事の作成や編集ができて非常に便利。記事の閲覧数や検索キーワードなどを分析し、日々内容を充実させていっています。

導入製品
事例を読む