Zendesk + Shopify

優れたカスタマーエクスペリエンスを実現するには、エージェントがすべての問題を熟知している必要があります。そこでZendeskはShopifyとパートナーシップを結び、チームがカスタマーに必要とされるサポートを確実に提供できるよう、すぐに利用可能なインテグレーション機能を提供しています。

カスタマーがいる場所でサポートを提供

インストールはいたって簡単です。インストール後、Shopifyのストア全体にブランドイメージに合ったメッセージングエクスペリエンスを埋め込み、管理することができます。Webサイト、SNS、モバイルアプリにすべてのチャネルを統合すれば、カスタマーがどこにいようと、会話を途切れさせることなくシームレスなサポートを提供できます。

買い物客とエージェントをつなぐAnswer Botのチャット画面
顧客の注文内容が表示されたエージェントワークスペース

一人ひとりにパーソナライズされた会話を

エージェントは1か所の統合ワークスペースで、必要な情報をすべて参照できます。あらゆる場面でそれぞれの状況を把握できているため、エージェントは顧客の全体像をつかんだ上でやり取りを進めることができます。システムを切り替えることなく注文の詳細、進捗状況、カスタマーとのすべてのインタラクションの履歴を簡単に確認することが可能です。こうしてエージェントは、すべてのカスタマーにパーソナライズされた会話を提供できるのです。

会話と同時にアクション

注文品の払い戻しやキャンセルなど、エージェントが最も頻繁に行うタスクはサイドバーのアプリから直接実行できます。CSATと全体的な生産性を向上させつつ、エージェントはより会話に集中できるようになります。

注文の返金内容が表示されたエージェントワークスペース
顧客とのやり取りに関するデータを示すグラフ

カスタマーの動向を数字で確認

返金やキャンセルの要望が多い商品などをデータで分析し、最適化が必要なプロセスを特定して微調整しましょう。標準機能またはカスタマイズ可能なダッシュボードを活用することで、カスタマーとの全インタラクションを可視化できます。

セルフサービスで自己解決

返品ポリシーなどの一般的な質問には、ナレッジベースに統合されたAIボットが素早く回答。より複雑な問い合わせのみ、ボットが対応可能なエージェントにカスタマーの状況を伝えながら、シームレスに会話を引き継ぎます。

顧客の質問に回答するAIボットが一般的な記事を案内

Zendesk + ShopifyでCXを変革

Zendesk + Shopifyロゴ

多くの企業がデジタルへの転換を余儀なくされています。グローバルライフスタイルブランドのSpartan Raceもそのうちの1社です。2020年にeコマースで300%もの売上増を記録したため、カスタマーサービスに専念できるサポートチームが必要になりました。Spartan RaceがどのようにZendeskとShopifyを活用し、カスタマーからの質問のうち99%をエージェントワークスペース内で回答しているかをご紹介します。

詳しくはこちら
300%

eコマース売上増加率

30秒

チケット1枚あたりの削減時間