プロジェクト管理の見直し

EpiserverはSunshineを活用してプロジェクト管理にかかる時間を月当たり数千時間削減

Episerverのウェブコンテンツ管理ソフトは、世界のトップブランド数社のウェブサイトを強力にサポートしています。Episerverは、Sunshineを活用してカスタムプロジェクト管理ツールを作成、マネージャーが簡単にプロジェクトを整理し、請求作業を追跡できるようにしました。

Zendesk Support製品のスクリーンショット

専任のデベロッパーは1社

1か月以内で実装

使用プラットフォームコンポーネント

Zendesk Apps Framework(ZAF)、カスタムオブジェクト

事業の課題

実装プロジェクトはExcelシートを使って手動で追跡されていましたが、分かりにくく、月末報告を完了するまでに数週間かかっていました。

プラットフォームソリューション

Episerverのカスタマーサクセスオペレーション担当ディレクターは、Zendesk Apps Framework(ZAF)を活用して、カスタムプロジェクト管理ツールを作成。プロジェクトマネージャーがカスタムオブジェクトに保存されるチケットから、プロジェクトの更新や取り纏めを行えるようにしました。このツールにより、プロジェクトの達成率が未解決のアイテム数に基づき計算されるため、プロジェクトマネージャーは請求可能な業務時間数をZendeskに記録することができます。また、これによって、Episerverは数十名ものプロジェクトマネージャーのタイムカードや請求データを一元化できます。

「Sunshineのフレームワークによって、プラットフォームに元々備わっていない機能を追加することができ、また当社独自のニーズを満たす製品の機能を拡張させることができます。Sunshineを組み込んだアプリのフレームワークを使用することで、Zendeskをカスタマイズ、機能拡張し、チームが効率的かつ効果的に作業できるような革命的なソリューションを開発することが可能です。

Andrew Schreiner

カスタマーサクセスオペレーション担当ディレクター

もっとユースケースを読む

情報が多すぎることはない

ASGはSunshineを活用して複雑なライセンシングを即座に明確化

ユースケースを読む

Sunshineでより多く保管

MakeSpaceはSunshineで貴重な所有物以上のものを保管

ユースケースを読む