顧客管理システム(CRM)とビジネスの関係

顧客管理システムとは

顧客管理システム(CRMシステム)は、すべてのタッチポイントにおける顧客との関係を企業が詳細に把握できるように設計されたソフトウェアソリューションです。これには、新規顧客の獲得、最初のコンタクト、販売ファンネル、コンバージョン、継続的な販売とマーケティング、アップセル、契約更新などの情報が含まれます。

Zendeskには、企業と顧客の間のコミュニケーションと関係を改善するCRMシステムが用意されています。

顧客管理システム(CRM)の特徴

企業は顧客管理システム(CRM)を使って、サポートチームと営業チームのユーザーに各顧客のすべての情報を提供できるようにすることで、究極のカスタマーサービスを提供します。企業が構築するCRMデータベースには全履歴が含まれているので、ユーザーは顧客との間で行われたすべてのやりとりを時間を追って完全に把握できます。

顧客管理システムは、単に顧客の身元を確認する機能から、顧客の好みをすべて把握する機能を持つまでに進化してきました。この背後にある技術を使って、Webサイトへの訪問、電話、営業活動、マーケティングキャンペーン、顧客の社会的プレゼンスを追跡します。目標は、各顧客に合わせた営業とマーケティングの効果を簡単に管理することです。

CRMツール導入のメリット

CRMはアートとサイエンスの融合です。企業はCRMツールを使用して、コンタクトの数を多からず少なからず、適切な量に制御します。CRMの目標は、顧客関係に関するすべての情報とリソースを集中化し、顧客とのコンタクトの時点でそれらをユーザー(担当者)に提供することです。

CRMシステムには、スケジューリング、ワークフロー、パフォーマンスチェック、自動化、記録などの機能も含まれています。監視ツールを使用して、経営陣は、顧客満足度の詳細な情報と、販売およびマーケティングの全プロセスを把握することができます。

CRMシステムを実装するタイミング

顧客管理システムをユーザーに提供するのに決して早すぎるということはなく、システムの導入によってカスタマーサービスの質を向上させることができます。一部の企業は、デスクトップおよびモバイルクライアントソフトウェアを含む社内ソリューションに投資しています。他の企業は、世界各地からいつでも顧客データへアクセスできるようにするために、クラウドベースのCRMシステムを導入しています。

ほとんどのCRMソリューションの管理は、一般に、各業界の大企業にとっても中小企業にとって十分簡単です。急速に進化するCRMシステムと顧客管理システムの市場では常に、あらゆる企業のカスタマーサービス戦略に合ったテクノロジーを提供しています。

ZendeskとCRMシステムの連携

Zendeskは、カスタマーサポートチームに提供する価値を高めるため、CRMシステムと連携させるためのソフトウェアを提供しています。企業はZendeskを導入して、既存のCRMシステムと連携させます。経営陣は営業とマーケティング結果の正確な情報が得られ、ビジネスユーザーには強力なコミュニケーションツールが提供され、顧客はより有意義でパーソナルかつ生産的な関係を構築できます。