競合の優位性を獲得

Zendesk Connectはチャネルをまたいだ積極的な顧客コミュニケーションを実現。優れたカスタマーエクスペリエンスの提供を可能にします。
Image: Zendesk Connect Product Logo
 

サポートチームは、顧客のニーズや要望、期待を細部まで把握しています。その情報をZendesk Connectで活用すれば、顧客1人ひとりに合わせたカスタマージャーニーを設計することができます。これにより、すべてのチャネルでコミュニケーションの改善が可能になります。顧客にとってはサポートを求める理由が減り、エージェントにとってはサポートを提供する手段が増えます。

メッセージ全体でターゲットグループを理解する

Webから製品、Zendesk Supportにいたるまで、カスタマージャーニーごとに豊富なデータがあります。適切なタイミングと正確なチャネルでメッセージを送信するためにしっかりと活用しましょう。そして、さまざまなメッセージを試し、その有効性を測定することで、最高のエクスペリエンスの提供に役立てられます。

チケットの予測と防止:先を読む

問題が大きくなる前に解決。製品内での顧客の行動に基づいて、適切なチャネルからリアルタイムでメッセージを送信します。顧客の行動に関する情報とZendesk Supportを使用して、メッセージを自動送信するか、必要に応じてエージェントに直接対応させるかを判断できます。

成長と維持:次のステップへ

顧客をリピーターに育成する。どのメッセージが顧客の維持率を高くするか、メッセージを試し続けます。その結果を活用し、顧客のSupport内の行動履歴や消費行動に基づいて、顧客1人ひとりに合わせたサービスを提供します。

チャネルを選択する

ボタンをクリックするだけで顧客とつながる。

メール

Connectのメールエディタではドラッグ&ドロップでメール作成が可能。顧客がZendesk Supportのチケットに返信すると、メール経由での双方向での会話がスタートします。

Webサイト

ZendeskのWeb Widgetを使用すると、デスクトップとモバイルの両Webサイトに表示される通知をカスタマイズできす。

モバイルプッシュ

iOSとAndroidのプッシュ通知を顧客に直接送信します。

SMS

既存のSMSプロバイダーアカウントに接続あるいはZendesk Talkを使用してテキストメッセージを送信します。Talkを利用する顧客は他のSupportチケットと同様に管理されるインバウンド顧客のSMS応答を双方向の対話型に変えることができます。

Webhook

Connectのセグメンテーションを使用して、別のシステムのワークフローをトリガできます。

Connectは任意の言語でメッセージを送信できますが、現時点ではユーザーインターフェイスは英語となります。

Our commitment to privacy

At Zendesk, we are committed to meeting the highest standards of information security, data privacy and transparency.


GDPRの必須条件を綿密に分析し、顧客がGDPRの基準に準拠できるような機能を開発するよう努めています。GDPRの基準に準拠するこの機能をどのように使用するか、詳細を知るためのリソースも用意しております。