サイロ化されたデータを断ち切る

MCMはSunshineを活用しサイロ化されたデータにサヨナラ

中南米の大手電気通信プロバイダーとして、MCMはお客様情報を簡単に見つけそして分類する必要がありました。Sunshineを活用して、MCMは社内データベースおよびSalesforce CRMからお客様の権限とライセンスデータを閲覧するアプリを開発しました。

Zendesk Support製品のスクリーンショット

3 週間未満で実装

使用プラットフォームコンポーネント

カスタムオブジェクト

事業の課題

エージェントはこれまで手作業かつ非効率なデータ取得プロセスでカギとなるお客様データにアクセスすることに苦戦していました。また、エージェントは20種類ものチケットを受けていたため、チームはどのチケットフィールドに入力する必要があるか判断するのが困難でした。

プラットフォームソリューション

MCMはカスタムオブジェクトを利用し、Salesforce CRMを含む異種のデータソースからデータを入手してSunshineに直接統合しました。その後MCMは、チケットタイプが認識されると自動的に必要なデータが入力されるドロップダウンサイドバーアプリを開発しました。それ以前は、エージェントは複数のシステムを行ったり来たりしてデータを集計しどのフィールドを入力するか推測していました。現在は、Sunshineの恩恵により、エージェントは手作業を自動化しエージェントとお客様とのスムーズなコミュニケーションにつながる一つのシンプルなシステムで作業できるようになりました。

もっとユースケースを読む

情報が多すぎることはない

ASGはSunshineを活用して複雑なライセンシングを即座に明確化

ユースケースを読む

完璧にフィット

Mizzen+MainはSunshineを活用して完璧にフィットすることを確証

ユースケースを読む