Relate 2022躍進の時、いま、ふたたびZendeskの最新情報はこちら

Sunshine™とは

パワフルかつ柔軟なプラットフォーム

Answer Botのチャット画面

会話型ツール

さまざまなシステムを統合することで、自然な会話を展開できるため、顧客が親しい相手と同じ感覚で企業とやり取りできるようになります。 Sunshine ConversationsのツールとAPIを使い、インタラクティブでパーソナライズされたメッセージを顧客に送信しましょう。

Sunshine Conversationsの詳細はこちら

複数のチャネルでのやり取りを一元化

顧客との会話を一か所で展開し、ビジネスを成長させましょう。 統合されたチャネルAPIIにより、Webサイト、モバイル、SNSアプリにわたって魅力的なメッセージを送信できます。

一つのスレッド上で調整

会話の調整機能によって、複数のシステムをまたいだチャットエクスペリエンスが実現します。 社内で使用しているシステム、ボット、サードパーティ製ソフトウェアとの統合も可能です。

機能を拡張

会話機能を拡張することで、各メッセージングチャネルのチャットウィンドウ内に、独自のインタラクティブなエクスペリエンスを構築できます。 これにより、顧客がチャット内で直接、コンサートの座席を選択したり、ショッピングカートを確認したりできるようになります。

アプリ/フレームワーク

Sunshineを使い始めるのに、コーディングの知識は必要ありません。 しかし知識があれば、もちろんそれを活かすことができます。 Sunshineを導入すれば、ビジネスや従業員のニーズに合わせてZendeskをさらに使いやすくカスタマイズできます。

顧客との会話と払い戻し処理を行うエージェント画面

ノーコードでカスタマイズ

Zendesk管理センターにあるノーコード開発ツールを使用すれば、わずか数クリックで、サポート担当者のユーザーインターフェイスを調整したり、Zendeskを独自にカスタマイズしたりできます。

アプリを基にアクション

Zendeskのアプリケーションフレームワークでアプリを構築することで、サポート担当者が顧客の背景情報を入手し、適切なアクションを実行できるようになります。

サポート機能の組み込み

顧客が簡単にサポートを利用できるようにしましょう。 Zendesk SDKなら、モバイルアプリ、Webサイト、ゲーム内にサポート機能をネイティブに統合できます。

3つのオプションを紹介するフローチャート

自動化とインテリジェンス

豊富に用意された機能を使用することで、サポートプロセスのどの段階でも、チームの労力削減、問題解決の迅速化、担当者の生産性向上を実現できます。

ボットの活用

ボットを駆使してスマートなセルフサービス型サポートを構築しましょう。 あらゆるチャネルにZendeskのAnswer Bot独自のボットを簡単に導入できます。

スマートなワークフロー

Sunshineのワークフローツールを使うと、よりスマートなサポートフローを構築できるうえ、インテリジェントな自動化機能によって迅速に解決策を提供できるようになります。

手間なくカスタマイズ

カスタムフィールドマクロなどの機能を使用することで、開発作業を効率化しつつ、各カスタマージャーニーにインテリジェンスを追加できます。

開発者の皆様へ

Sunshineの機能に関する詳しい資料をご用意しています。

インテグレーション

Sunshineなら、外部の製品とスムーズに連携し、数か月どころか数分で社内のシステム全体を統合できます。 こうしたスピード感はビジネスに不可欠です。

標準搭載のアプリを活用

一般的なシステムに接続可能な1,200以上の標準搭載のアプリとインテグレーションが揃っているため、すぐに導入が終わります。

APIによる拡張

豊富なAPIを使用することで、ほぼ際限なくZendeskを拡張およびカスタマイズできます。

インテグレーションの構築

必要な背景情報にサポート担当者がアクセスできるようにしましょう。 Zendesk Integration Servicesを使用すれば、外部システムとのカスタムインテグレーションを構築できます

AWSを基盤として採用

AWSイベントコネクタを利用すれば、カスタマーサービスのデータを基に複雑なアプリを構築できます。 機械学習アプリの開発や高度な分析も可能です。

顧客データを表示するエージェント画面

データ

手元にある情報を業務に活用しましょう。 Zendeskのデータモデルは、ビジネスに合わせて利用しやすくなるように調整できます。 注文時刻や靴のサイズといった細かな顧客情報も 一か所で確認できるようになります。

顧客情報をまとめて表示

サポート担当者がすべての顧客データをひとめで把握できるようにしましょう。 APIを使用することで、注文履歴、ロイヤルティのステータス、Webサイト上のアクティビティといった複数のシステムにまたがる情報を統合できます。

必要なデータを形成

カスタムオブジェクトにより、組織の構造とプロセスに合わせてZendeskをカスタマイズできます。 たとえばITチームなら、ノートPCを追跡したり、 小売企業であれば、製品カタログや顧客の注文履歴を保存できるようになります。

データを有効活用

レポートを作成し、データからインサイトを引き出しましょう。 その情報を基に、新しいワークフローの構築、プロセスの効率化、カスタマージャーニーのパーソナライゼーションを行えます。

インフラストラクチャ

Sunshineは、パブリッククラウド上で優れた拡張性とセキュリティを提供し、ビジネスの信頼性とコンプライアンスを確保します。

ニーズの変化に応じて拡張

Zendeskは、業界標準を上回るオペレーションおよび技術的アーキテクチャを備えています。 そのため、性能や信頼性を損なうことなく、思うがままにシステムを拡張できます。

データ保護

Zendeskは、エンタープライズレベルのセキュリティを基盤としているため、手間をかけることなく、データを常に安全に保護できます。

プライバシーとセキュリティの強化

Zendeskは、業界で認められた一般的なセキュリティおよびプライバシーのフレームワークに準拠しています。