Zendesk調査レポート:行動傾向の手がかり

behavioral cues
このレポートでは、顧客とエージェントの行動傾向の手がかりを詳細に分析して、それらの指標と顧客満足度の上昇/低下との相関に関する理解を深めます。初回応答時間などの一般的な指標からさらに踏み込んで、サポート上のやりとりでエージェントが口にする「申し訳ありません」、「お願いします」、「ありがとうございます」などの見落とされがちな要素が顧客満足度に対する影響を調べています。

また、次の要素についても調査します。

  • 結びのことば: 文末を“Best Wishes,”で終えた場合、“Best Regards,”や“Cheers”、“Yours Sincerely,”で終えた場合と比べて顧客満足度は低くなるか。
  • 文章の長さ:オンラインフォームのサポートリクエストの文章が長いと、顧客満足度は低くなるか。メールの場合はどうか。
  • メールアドレス: 例えば、Yahooメールユーザーは、Gmailユーザーよりも気難しいか。

詳細な分析についてはレポート(英語版)をダウンロードしてお読みいただき、サービスの向上に役立ててください。

なお、Zendeskベンチマークのページでは、カスタマーサポートチームのパフォーマンスに関して、同業他社のチームと比較することができます。ぜひ、ご覧ください。

以下のフォームに入力いただくと、レポートをご覧いただけます

名を入力してください
姓を入力してください
有効な電子メールアドレスを入力してください
有効な電話番号を入力してください
職位を選択してください
部署を選択してください

会社の情報をご入力ください

会社名を入力してください
従業員数を選択してください
また、Zendeskの製品やサービスに関するお知らせをお送りください。(メールの配信はいつでも中止できます。)
オプションを選択してください

ありがとうございました。レポートをお楽しみください。

ページを再度読み込んでフォームの入力をやり直していただくか、または、support@zendesk.com まで直接メールでお問い合わせください。

リクエストを送信しています。しばらくお待ちください。