ホワイトペーパー

ESGレポート: アジア太平洋地域の中小企業におけるCX成熟度

貴社の現在のCXレベルを、日本や近隣諸国の中小企業と比較できます。

発行日: 2020年10月7日
更新日: 2021年10月20日

優れたカスタマーエクスペリエンス(CX)の実現は、あらゆる規模の企業にとって重要な課題です。一方、パンデミックにより先行きの不透明感が強まり、最も優先すべき取り組みを見極めることが難しい場合もあります。

企業がデータに基づく確かな意思決定を行えるよう、ZendeskはESG社と提携し、CX成熟度と優れたカスタマーエクスペリエンスがもたらす成果に関するフレームワークを作成しました。 ESG社は世界のCXリーダーを対象にアンケート調査を行い、その結果に応じて、企業のCX成熟度を以下の4つのレベルに分類しました。

  • チャンピオン – 他に誇るべき充実したCXオペレーションを備え、実践する企業

  • ライザー – 優れたCXを提供するために順調な歩みを進めている企業

  • エマージング – CX分野で成長を始めたばかりで、今後さらなる躍進が期待される企業

  • スターター – 優れたCXの実現において遅れをとる可能性がある企業

最新のレポートには、日本、オーストラリア、シンガポール、韓国の中小企業における調査結果がまとめられています。

貴社のCX成熟度と比較してみませんか?

  1. アジア太平洋地域で「チャンピオン」または「ライザー」に分類された中小企業の割合は、昨年に比べ35%増加しました。

  2. 中小企業のチャンピオンは、顧客満足度目標を上回る可能性が31.5倍高くなっています。

  3. 中小企業のチャンピオンは、顧客基盤を着実に拡大させている可能性が5.9倍高くなっています。