メインコンテンツへスキップ

記事

AIチャットボットのメリットを顧客視点・企業視点から解説

AIチャットボットは企業と顧客に多くのメリットをもたらします。 AIを活用したテクノロジーで、CX(顧客体験)を次のレベルに引き上げる方法をご紹介します。

著者: Gianna Maderis, シニアカスタマーエクスペリエンスマネージャー

更新日: 2023年12月2日

Zendeskが世界20カ国99,000社を対象にしたCXに関する年次調査「CXトレンドレポート2023」によると、ビジネスリーダーの72%が、カスタマーエクスペリエンス(顧客体験、カスタマーエクスペリエンス)全体にAIとチャットボットを拡大することが今後12カ月間の優先事項であると回答しています。ボットやチャットボットは何十年も前から存在していますが、近年のAI技術の進化により、AIチャットボットの利点は企業にとっても顧客にとってもより明確になってきました。本記事では、企業、従業員、顧客にとってのAIチャットボットの様々なメリットについて解説します。

目次

顧客にとってのAIチャットボットのメリット

AIチャットボットは多くの場合、顧客が企業と対話形式のサポートを受ける初めての機会であり、便利なボットがフレンドリーに顧客と会話します。最近まで、ボットには主に2つのタイプがありました:

  • ルールベースやディシジョンツリー型のチャットボット: 設定が簡単で、あらかじめ決められた回答から質問に答える形で優れたカスタマーサービスを提供します。

  • AIチャットボット: 自然言語処理(NLP)または機械学習を使用して、顧客の要求を理解し、対話のたびに対応を改善します。

多くの企業がまだルールベースのチャットボットを使っていますが、AIはかつてないほど身近になり、AIチャットボットは業界標準になりつつあります。しかし、どちらのタイプのチャットボットも、優れた対話形式でのサポートを企業が提供するのに役立ちます。ここでは、顧客にとってのAIチャットボットのメリットを紹介します。

1. 年中無休の迅速なカスタマーサービス

顧客は、ピーク時でも迅速で便利なサポートを求めています。ボットが最初のステップで顧客対応を行えば、迅速な対応で待機時間をなくすことができます。AIチャットボットは決して眠らないため、サポート担当者がオフラインのときでも、顧客にとって最も都合の良い時間に、海外からでも年中無休のサポートを提供することができます。

メディアホスティングサービスを提供するPhotobucketは、通常の営業時間外にサポートが必要な海外の顧客に対して、AIチャットボットを使って24時間365日のサポートを提供しています。ボットを使えば、顧客は自分で情報を探したり、FAQの回答を数分で得ることができます。AIチャットボットを導入して以来、Photobucketは顧客満足度が3%増加し、初回解決時間が17%改善しました。

2. よりパーソナライズされた体験を提供

顧客はAIチャットボットが個人情報を収集することを理解していますが、より良い顧客体験のためにボットを利用したいと思っています。ZendeskのCXトレンドtポートによると、AIチャットボットと対話する顧客の59%が、自分たちのデータがブランドとの今後の対話をパーソナライズするために使用されることを期待しています。AIチャットボットパーソナライゼーションの利点 AIを搭載したチャットボットがカスタマーサービスツール、マーケティングオートメーションツール、またはCRMのような他のビジネスシステムと統合されている場合、パーソナライズされた体験を提供するために基本情報や背景情報を使用することができます。

以下に、具体的な例をいくつかご紹介します。

  • カスタマージャーニーのフェーズに合わせたメッセージング

  • 嗜好、行動、属性に基づいて、関連する商品やサービスをレコメンド

  • 新製品や新サービスに関する情報の提供

  • ショッピングカート内の商品について質問があるかを確認

  • 注文情報を入力する手間をかけずに、注文状況を連絡

3. 多言語サポートの提供

オンラインショッピングの普及により、顧客はもはや地元の実店舗での買い物に限定されなくなりました。顧客は世界中どこからでも商品を購入できるため、優れた顧客体験を提供するためには、コミュニケーションの障壁を取り除くことが極めて重要です。

AIチャットボットは、異なる言語を話す顧客に多言語サポートを提供することができます。会話の開始時に、チャットボットは顧客が望む言語を尋ねたり、AIを使って顧客の入力に基づいて言語を決定したりすることができます。

多言語対応のボットは、音声、テキスト、チャットを通じて複数の言語でコミュニケーションを行います。また、多言語AIチャットボットを使用し、顧客が望む言語で一般的な質問に答えたり、簡単なタスクを実行したりすることもできます。

4. より一貫したサポートの確立

頻繁に利用する顧客が、同じサポート担当者と2回話をすることは滅多にありません。専門知識やトレーニングのレベルは担当者によって異なるため、顧客はサポートチームと接する際に一貫性が欠けていると感じるかもしれません。

ほとんどの企業は常にカスタマーサービストレーニングの改善に取り組んでいますが、AIチャットボットはあらかじめ決められたフレームワークの中で機能し、カスタマーサービス体験に基づいて、毎回決まった情報ソースから回答を導き出します。

また、AIチャットボットは、会話がどんなに長くなろうとも、顧客がどのような行動をとろうとも、冷静なガイダンスを提供するようにプログラムされています。顧客が無礼だったり無愛想であった場合、不満や怒りを示す言葉を認識して適切に対応することで、AIチャットボットは共感力のある顧客体験を提供することができます。

5. 便利な自己解決オプションの提供

ZendeskのCXトレンドレポートによれば、サポート担当者の37%が、顧客は簡単なタスクを自分で完了できないと、怒ったり、苛立ったり、ストレスを感じることがあると思うと回答しています。自己解決オプションを提供することで、AIチャットボットはこの問題を解決します。
つまり、顧客が簡単な問題を自分で解決したり、自分の都合の良いときに情報をすばやく見つけたりできるようになります。

例えば、Zendeskのボットは、自己解決を支援するために顧客をコミュニティフォーラム、FAQページ、ヘルプセンターの記事に顧客を誘導することができます。また、既存のナレッジベースから情報を引き出し、顧客の一般的な質問に答えることもできます。AIチャットボットはすべてのインタラクションから学習するため、時間の経過とともにより優れた自己解決オプションを提供します。

6. プロアクティブなカスタマーサービスの提供

企業は、AIチャットボットを使用して顧客にプロアクティブ(積極的)なサポートや提案を行うことができます。Webサイト上のユーザーアクティビティをモニタリングすることで、企業はAIチャットボットを使って顧客と積極的に関わり、そのページに関する一般的な質問に答えたり、潜在的な問題を解決したりすることができます。

例えば、eコマース企業がAIチャットボットを使って、Webサイトの再訪問者に挨拶したり、カート内の商品の在庫が少なくなったことを通知したりします。あるいは、金融サービス会社がボットを使って、ローン申請に関する一般的な質問に先んじて、申請を完了させるのに役に立つカスタマイズされた情報を提供することもできます。また、AIチャットボットはいつハンドオフが適切かを理解し、購入の妨げになっている問題に答えるためにサポートサポート担当者や営業担当者とつながりたいかどうかを顧客に積極的に尋ねることができます。

7. オムニチャネルでサポートを提供

顧客は、電話、電子メール、ソーシャルメディア、そしてWhatsAppMessengerのようなメッセージングアプリなど、さまざまなチャネルを使ってブランドとつながっています。顧客は、会話がプラットフォーム間をシームレスに移動し、どのチャネルやデバイスでも、中断したところからすぐにディスカッションを続けられることを望んでいます。

しかし、多くの企業はこのような経験を提供していません。競争上の優位性を確保するために、AIチャットボットを利用してEメール、Webサイト、Slack、各種メッセージングアプリから寄せられる一般的な質問に回答することができます。AIチャットボットを他の技術スタックと統合することで会話をつなぎ、スムーズで一貫性のある体験を提供します。顧客は、好みのチャネルで、短時間で求めている回答を得ることができます。

企業にとってのAIチャットボットのメリット

どのようにAIチャットボットがビジネスに役立つのかを考えてみましょう。AIチャットボットと消費者の対話は、より良い顧客体験を生み出すための標準的なビジネス手法になりつつあります。しかし、それは単に顧客に利益をもたらすツールだけではなく、サポート担当者の経験値も高めます。企業がAIチャットボットを導入することでどのようなメリットがあるのか、いくつかご紹介します。

8. すべてのインタラクションで対応の質を向上させる

ここでは、AIチャットボットがどのようにAIを活用し、時とともにより良いサポートを提供しているのかについての概要をご紹介します。

  • 追跡: AIカスタマーサービスボットは、自身が提供する全ての回答に対する人々の反応を追跡(モニタリング)します。

  • 収集: AIチャットボットは顧客データを収集すると、それを継続的に分析し、より正確でパーソナライズされた応答を提供します。

  • 学習: AIチャットボットは経験から学び、どのような状況でどの応答が最適かを学習します。

  • 洗練: AIチャットボットは、どの質問に答えるか、どの質問をサポート担当者に渡すのがベストかを判断する能力が向上します。

AIチャットボットは、人々が使う言葉の背後にある感情を測るのが上手になってきます。言葉のニュアンスから顧客の感情を察知し、理解し、その洞察に基づいて適切なカスタマーケアを提供することができます。

9. 顧客からフィードバックを収集する

対話の最後に、AIチャットボットをプログラムして顧客からのフィードバックを求めることができます。ボットは、サポートとのやり取りがどうだったかを尋ねるために、チャット上で1つのアンケートの質問を送信することができます。

顧客は1〜5点までの評価を選択することができ、オプションで追加コメントとして書面での回答を含めることもできます。フィードバックを促すために、AIチャットボットは、アンケートへの参加と引き換えに割引コードや特別オファーなどのインセンティブを提供するようにプログラムすることができます。また、企業はAIチャットボットの会話ログを検索・分析し、問題やよくある質問、人気の商品や機能を特定することもできます。

10. 顧客からの問い合わせを減らす

AIチャットボットは、簡単なタスクや一般的な質問に対応し、サポート担当者の負担を軽減します。反復的なタスクを処理し、一般的な質問に対応し、自己解決のオプションを提供し、顧客が必要な答えを見つけるのを助けます。これにより、サポート担当者は複雑な問題や人間的な対応が必要な問題に専門的な知識を集中させることができます。これらの問い合わせは、企業の製品、サービス、業界によって異なりますが、一般的には以下のようなものがあります。

  • 注文状況と追跡情報の提供

  • 製品の詳細を提供

  • 返品や返金のサポート

  • 収支勘定と支払いに関する問題の特定

  • フィードバックの収集

  • 自己解決の手段の提供

11. 追加の文脈を把握するために顧客の意図を探る

AIを搭載した高度なチャットボットは、言い回しや言葉に基づいて、顧客の意図や顧客の感情を理解することができます。AIに関して、これらの用語は次のような意味を持ちます。

顧客の意図:AIは顧客の質問の内容などから、ニーズを判別することができます。
顧客の感情:AIはメッセージが肯定的か、否定的か、中立的かを検知することができます。

AIはこれらの詳細をサポート担当者に伝え、引き継いだ担当者がどのように顧客に対応するのかを決めるのに役立つ追加の背景情報を与えることができます。サポート担当者は、これらの顧客のインサイトを活用してメッセージをパーソナライズし、エスカレーションを回避することもできます。

12. 顧客エンゲージメントを高める

ZendeskのCXトレンドレポートによると、顧客の71%がAIやAIチャットボットが迅速な回答を得るのに役立つと考えています。しかし、迅速なカスタマーサービスの提供はAIチャットボットがもたらすメリットの一部に過ぎません。AIチャットボットは、以下のような方法で顧客とのエンゲージメントとインタラクションを高める重要なツールとなります。

  • 注文状況、追跡番号、支払いに関する問題についての積極的なメッセージの送信

  • 対応または問題解決後の顧客フィードバックの収集

  • リアルタイムで対話をしたり、チャネルを越えて非同期で会話を行ったり、顧客がいる場所に対応

  • リマインダーや予約確認の送信

  • ブランドボイスとトーンに合わせたメッセージのカスタマイズ

AIチャットボットは深いレベルのパーソナライゼーションを提供し、顧客の行動や嗜好に基づいて、顧客が興味を持ちそうな製品やサービスを提案するよう促すことができます。また、スライドショー、フォーム、絵文字やGIF、画像、埋め込みアプリのようなリッチメッセージングを使用することで、顧客とのやり取りを強化し、顧客の自己解決を支援します。

13. ルーティングとトリアージによる顧客対応の合理化

AIチャットボットは簡単なタスクや顧客からの問い合わせに対応できますが、時には人間のサポート担当者が関与した方が良い場合もあります。AIを使えば、ボットは対話の最初に重要な情報を収集し、ルーティングとインテリジェンスを使用して、スキル、対応可能性、処理能力、問題の優先順位に基づいて最適なサポート担当者につなげることができます。チャットボットからサポート担当者へのシームレスな引き継ぎは、顧客対応の合理化、時間の節約、顧客体験の向上に役立ちます。

14. 販売促進

AIチャットボットを活用して時間のかかる手作業の営業タスクを自動化できます。情報を収集し、見込み客を見極め、製品デモのスケジュールを立て、Webサイトへの訪問者を引きつけることができます。AIチャットボットは、見込み客や潜在顧客と積極的にコミュニケーションを取り、質問に答え、製品やサービスについて教育することで、セールスファネルを通して見込み客や潜在顧客を育成することもできます。具体的には、AIチャットボットは以下のことで役に立ちます。

  • 直帰率の減少

  • コンバージョンの向上

  • ショッピングカートの放棄の減少

  • クロスセルとアップセル活動の自動化

AIチャットボットが提供するリアルタイムのガイダンスを踏まえて、AIチャットボットが顧客の購入の決め手になる可能性もあります。

15. リードジェネレーションの増加

自然な会話は、企業がリードを生成するのを助けます。AIを搭載したAIチャットボットは、顧客データ、機械学習(ML)、自然言語処理(NLP)を使用して音声とテキスト入力を認識し、会話フロー(会話AI)を作成することができます。AIチャットボットは、顧客をフォームに誘導するのではなく、人間のやり取りを模倣し、顧客データを取得しながら質問に答えることができます。AIチャットボットが収集できる情報は次のようなものです。

  • 顧客が訪れたページ

  • 放棄されたショッピングカート

  • 言語

  • 位置情報

  • 設定

AIチャットボットは、このようなやり取りで収集したデータをマーケティングチームに送ることができます。これらのチームは、消費者インサイトを収集し、ターゲットを絞ったマーケティングキャンペーンに利用するための顧客動向や行動を特定することができます。

16. 会話型コマースとマーケティングの強化

AIチャネットボットはオムニチャネルで展開され、会話型コマースを利用して、顧客がどこにいても、そして規模に関係なく影響を与えることができます。つまり、eコマースサイトのような企業は、AIやボットのような会話技術を使用することで、ショッピング体験を高められます。
例えば、オンライン小売業者は、ボットをバーチャルアシスタントとして配備し、オンデマンドで商品の質問に答えたり、顧客のショッピングカート内の商品について積極的なサポートを提供したりして、購入を促すことができます。

17. より高いコンバージョンのための決済プロセスの合理化

AIチャットボットからの積極的なメッセージは、注文の更新やパーソナライズされたオファーを顧客に通知し、アップセルの機会を創出することができます。AIチャットボットは割引やクーポンを提供したり、リマインダーを送信して顧客に購入を完了するよう促し、ショッピングカートの放棄を防ぐことができます。また、商品について追加の質問があったり、送料に問題があったり、決済のプロセスを十分に理解していない顧客をサポートすることもできます。

18. A/Bテストのアシスト

AIチャットボットを使えば、企業はさまざまな種類のメッセージを試して、何が最も効果的かを確認することができます。いくつかのAIチャットボットプラットフォームでは、消費者に会話体験でのさまざまなバリエーションを示すA/Bテストを設定することができます。

半分の顧客はその日の様子を尋ねるチャットボットと対話し、もう半分は助けが必要かどうかを尋ねるボットと対話するかもしれません。その反応に基づいて、チームはどのバリエーションが顧客の共感を得たかを判断することができます。ここでは、AIカスタマーサービスボットのメッセージングをA/Bテストする際に、モニタリングする価値のあるメトリックをいくつかご紹介します。

  • アクティベーション率:顧客がチャットボットに応答するまでの時間

  • セルフサービス率:手動(サポート担当者)の介入なしに質問を解決するチャットボットの能力

  • リテンション率:特定の時間内にチャットボットに戻ってきた訪問者の数

  • 混乱のトリガー:チャットボットが顧客のメッセージを誤解する頻度

19. サポート担当者のトレーニングとオンボーディングの改善

また、企業はボットを使って新しいサポート担当者のオンボーディングを支援し、トレーニングプロセスを通じて彼らを導くこともできます。トレーナーやマネジャーが不在のときでも、AIチャットボットはオンボーディング中の質問にいつでも対応できます。

新人のサポート担当者がリアルタイムで顧客を支援するために、AIは関連するヘルプセンターの記事を表示し、最適な行動を提案することができます。また、AIチャットボットを導入することで、新入社員に自己解決用のリソースを提供し、新入社員が企業文化に溶け込みやすくなります。HRとITのAIチャットボットは、新入社員が組織の方針に関する情報にアクセスしたり、一般的な質問に対する回答を提供したりするのに役立ちます。

20. 従業員の離職率の低下

もちろん、すでに説明したことの多くは、次のような従業員体験(エンプロイーエクスペリエンス、EX)の向上に貢献して、離職率を減らします。

  • 簡素化されたワークフロー

  • 自動化されたタスク

  • チケットの削減

  • オンボーディングの合理化

ボットは、フィードバックの機会や社内アンケートを実施することで、従業員と関わることもできます。これにより、企業は満足度を把握し、従業員の心理を理解することができます。さらに、従業員体験のどこが優れていて、どこを変える必要があるかを理解するのにも役立ちます。

21. コスト削減

成功のためには、企業はコストを管理しながらより多くの価値を提供する必要があります。ZendeskのCXトレンドレポートによると、従業員体験の専門家の68%が、人工知能とAIチャットボットが今後数年間でコスト削減を促進すると考えています。

従業員体験専門家の68%は、人工知能とAIチャットボットが今後数年間でコスト削減を促進すると考えている。

カスタマーサービスAIチャットボットは先行投資が必要かもしれませんが、長期的にはコスト削減に役立ちます。AIチャットボットは簡単なタスクを処理し、チケットを回避し、会話を迅速に適切な場所に自動的にルーティングし、トリアージ(優先順位づけ)することができます。これにより、人員を増やすことなく、より多くの顧客にサービスを提供することができます。

さらに、Zendeskが提供するような、コード不要でクリックするだけで設定でき、ボットビルダーを使えば、数分でAIチャットボットの会話を作成し始めることができます。Zendeskのボットは、カスタマーサービス用に事前にトレーニングされているため、手動で設定する時間を節約できます。これにより、投資に対するリターンをより早く実感することができます。

22. より多くの顧客に大規模なサービスを提供

カスタマーサービスマネージャーは、AIチャットボットを導入して生産性と効率を高めることができます。AIチャットボットは単純なタスクを処理できるため、追加のサポートサポート担当者として機能します。また、複数の顧客からの質問に同時に対応することができるため、カスタマーサービスチームは規模を拡大してより多くの顧客を支援することができます。

Zendeskでは、お客様から『サポートする顧客とのやり取り数に比例してサポート組織の規模が大きくなるのは避けたい』という声をよく聞きますが、AIチャットボットはその問題を解決する最良の方法の1つです。単純な問い合わせが常に溜まっている状態になると、運用コストは上昇し続けます。しかし、AIチャットボットが、人間のサポート担当者を介することなく、これらの単純なタスクのほとんどに対応することで、より多くの顧客へより良く迅速なサポートを提供できます。

AIチャットボットのデメリットとは?

AIチャットボットのメリットはデメリットを大きく上回りますが、それでも一部の消費者はいくつかの課題を報告しています。ZendeskのCXトレンドレポートによると、顧客の54%がAIチャットボットに対する最大の不満は、人間のサポート担当者に転送されるまでに答えなければならない質問の数だと答えています。だからこそ、ボットから人間への引き継ぎをシームレスにするAIチャットボットを導入することが重要です。それでも、このトレードオフは、実際には次のようないくつかのメリットをもたらします。

  • ボットはFAQの記事を活用して問い合わせに対応する。

  • ボットは問い合わせの優先順位付けを助け、チームの手作業を軽減する。

  • ボットは顧客情報を事前に収集することができ、引き継いだ担当者が迅速かつ効率的に対応できる。

AIチャットボットは対話を重ねるごとに学習し続けるため、サービスは時間の経過とともに改善されていきます。これは、顧客のニーズをよりよく理解し、より少ない質問で顧客が必要とする場所に迅速に到達できることを意味します。

賢い決断はAIから

AIボットは人間の担当者に取って代わるものではありません。しかし、企業と消費者の両方の体験を向上させるツールになります。

顧客は常に人間と話す場が用意されているかを気にしています。人間的なやり取りが求められる問題に関しては特にそうです。しかし、比較的簡単な質問であれば、AIチャットボットは人間よりも顧客が必要とする回答を早く提供します。

カスタマーサービスにおけるAIチャットボットのメリットは数え切れません。Zendeskは短期間・低コストで導入できるAIチャットボットをご用意しております。まずは無料トライアルでお試しください。

Zendeskを14日間無料でトライアル

関連記事

記事

チャットボットのペルソナとは? 作成方法・具体例

チャットボットのペルソナとは、ボットに設定している人間のような個性や性格のことです。ブランドに合ったユニークなチャットボットのペルソナを作成し、CXをレベルアップさせる方法を解説します。

記事

対話型AIをカスタマーサポートの業務効率化に生かすために必要なテクノロジーは?

カスタマーサポート業務の効率化による顧客満足度の向上は、企業の重要な経営課題です。しかし、多くの企業が効率化を阻む障壁が大きくできていません。そこで、記事では業務効率化を推進できるテクノロジーとして今、大きな注目を集めている対話型AIについて解説します。

記事

ヘルプデスク業務の課題を解決できる自動化のメリットとその方法

ヘルプデスク業務はさまざまな要因で業務量が多くなっており、効率化が必要です。そこで、チャットボットやナレッジベースの導入など、自動化による業務効率化について紹介します。自動化による顧客対応の改善が、コスト削減だけでなく売り上げの拡大や競争力強化にもつながることについても解説します。

記事

自社開発かクラウドソフトウェアか? 企業が自社開発ではなく、Zendeskの導入を選ぶべき5つの理由

CXソフトウェアが自社開発すべきでしょうか。それとも既存のソフトウェアを購入して利用すべきでしょうか?本記事では、Zendesk導入企業が、クラウド型CXプラットフォームであるZendeskの導入を決めた理由を5つご紹介します。