記事

変化にすばやく対応する! サンドボックス活用のメリットとは

世界はどんどん変化し、企業は顧客維持のためにカスタマーエクスペリエンスを改善し続ける必要があります。本記事では、Zendeskのプレミアムサンドボックスを使ってカスタマーエクスペリエンスを継続的に改善する方法をご紹介します。

発行日: 2021年2月23日
更新日: 2021年2月24日

世界はどんどん変化し続けていきます。企業は今こそ、その事実を受け入れなければなりません。中には、適応するのが難しい変化もあるでしょう。しかし、カスタマーエクスペリエンスを改善し、顧客のリアルな声を拾い上げて、他社の一歩先を行くには、変化を取り入れることが欠かせません。

そのためにできることの一つが、バーチャルなサンドボックス環境を整えることです。Zendeskが提供するサンドボックスを導入した企業の約半数は、既にそれを活用して変更管理計画を進めています。皆さんもそんな企業の仲間入りをしませんか?

ここでは、Zendesk Supportのプレミアムサンドボックスを使ってカスタマーエクスペリエンスを継続的に改善する方法をご紹介します。

サンドボックス環境とは

ソフトウェア開発におけるサンドボックス環境とは、利用中のソフトウェアの設定を模したバーチャル環境のことで、新しいワークフローや設定を実装前に試すことができます。サンドボックスを使うことで、管理者や開発者はサービスを中断させることなく、安全にテストを実施できます。ワークフローや設定の変更はカスタマーエクスペリエンスに大きな影響を及ぼす可能性があるため、サンドボックスが担う役割は重要です。アイデアを安全に試せる環境になっていなければなりません。

変化を取り入れる際にサンドボックス環境を利用する3つのメリット

  1. リスクなくシステム環境を変更できる

    自然災害や危機など、時に変化は突然やって来ます。企業のカスタマーサービスチームは、それにすばやく適応できなければなりません。サンドボックス環境なら、新しいサポート設定をすばやく構築して、顧客のニーズや状況に合う最適な設定が見つかるまで、何度でも繰り返しテストを実施できます。そして見つかった最適な設定を運用環境に実装すれば、すぐにサポート業務に取りかかることができます。

  2. 構築してきたシステム環境を守れる

    多くの企業は、貴重な時間と労力を割いて、顧客と担当者の双方にとってシームレスなサポート設定を構築してきたはずです。ところが、そこに小さな変更を加えただけで、連鎖的に影響が広がって設定がめちゃくちゃになり、元に戻すのに多大な時間や労力がかかってしまうことがあります。サンドボックス環境があれば、本番さながらの環境で変更テストを実施して、実装時にどのような影響があるかを正確に知ることができます。そう、何も壊すことなく前に進むことが可能なのです。

  3. カスタマーエクスペリエンスをコントロールできる

    企業側から積極的に働きかける姿勢も大切です。起こった変化にただ応じるのではなく、顧客のニーズに先回りで対応できるようにしましょう。サンドボックス環境なら、運用環境に影響を及ぼすことなくクリエイティブなアイデアを試すことができ、継続的に改善を図ることで、顧客にはカスタマーエクスペリエンスを重視する姿勢をアピールできます。

積極的に変化を取り入れましょう

未来のことは誰にもわかりませんが、何らかの変化があることは予想できます。そうした変化はすぐに起こるかもしれませんし、数か月、数年かけて起こるかもしれません。どんな状況であれ、顧客が常に求めているのは、変化を取り入れ、それに適応できる企業です。適切な姿勢とツールが備わっていれば、企業は変化し続ける世界の中でも顧客を維持できるでしょう。

Zendesk Supportのプレミアムサンドボックスを使って、ただ変化に応じるのではなく、積極的に変化を取り入れられる環境を整えましょう。

チームでの問い合わせ対応を効率化しませんか?

Zendesk Supportで、チームとの情報共有や事前の内容確認を1つの画面からカンタンに!